学長挨拶

お茶の水女子大学第 73 回徽音祭は、2022 年 11 月 12 日(土)・13 日(日)に、対面 とオンラインによるハイブリッドで開催いたします。

学生たちが選んだ今年の徽音祭のテーマは、世界中のすべての人びとの幸せを願い、 夜空に美しく輝く星を意味する「stella」です。対面での開催がかなわなかった 2 年分の想いを込めて学生たちの準備した様々な企画が皆さまをお待ちしています。 感染対策に十分な注意をして開催し、ご来場の皆さま、 そしてオンラインでご参加の皆さまが学生たちととも に楽しく、きらめくような時間を過ごしていただけるよう願っています。

(なお、今後の感染状況によっては 開催形態を変更する場合がございます。)

国立大学法人お茶の水女子大学長
佐々木 泰子

徽音祭とは

お茶の水女子大学で毎年 11 月に行われる学園祭、

それが徽音祭です。
今年で 73回目を迎えます。
1950 年に第 1 回学園祭が徽音堂(大学講堂)で

行われたことから
このように名付けられました。

73rdテーマ「stella」

今年の徽音祭のテーマ「stella」は、
イタリア語で星を意味しています。

夜空に煌めく星のように全ての方々が輝き、
集まって明るさを増す集団や、
離れた場所でも繋がっている星座のように、
徽音祭を通して多くの方が団結や繋がりを感じられるようにという願いを込めています。

今までのお茶大らしさや分かりやすさを残しつつも、
新しくより洗練されたロゴが、
伝統と革新を兼ね備えた第73回徽音祭を体現しています。

テーマソング

『星の雨』

団体名 ε:イプシロン
作曲:ホシシグレさん

曲のコンセプト

最初は限られた星だけが見えていたが、雲が千切れるとともに満天の星となって、雨のように星が降り注ぐ様をイメージして作りました。
「個人や各団体での活動、来場者が合わさることでより充実した徽音祭になる」という第73回徽音祭のテーマ”stella”を少しでも表現できていれば幸いです。

ホシシグレさんより

「星の雨」がテーマソングとして採用されるとは予想していなかったため、驚いています。この曲を通して、第73回徽音祭に更なる輝きを添えることができれば嬉しい限りです。